2006年01月09日

<Vol.6 新年号>巻頭言

待場 智雄

2005年は、鉄道脱線事故に建築偽装をはじめとする企業スキャンダルで明け暮れた。メディアのインターネット化のおかげで、小さな事件でも並列して取り上げられるせいもあろうが、企業の社会的責任(CSR)への掛け声が高まる一方で、日本企業への信頼度は年々後退しているような気がする。技術主体のイノベーションが日本経済の高度成長を支え、オイルショックなどの度重なる危機も救ってきた。しかし今後は、日本が得意としてきた技術の応用だけで、グローバル経済を乗り切れるわけではない。「失われた10年」を経て、地球環境や貧困問題が声高に唱えられるようになってもなお、イノベーションの方向を抜本的に考え直すことなく、技術や新製品で生き残れると信じている企業人に大きな不安を感じている(イノベーションという言葉が自動的に「技術革新」と訳されること自体が、日本的発想を象徴しているとも言える)。
続きを読む
posted by CAC at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<Vol.6 新年号>日米ソーシャル・イノベーション・フォーラムを開催して

 2005年夏、米国から社会起業家支援で著名な非営利団体アショカとRoberts Enterprise Development Fund: REDF(以下REDF)のキーパーソンを招聘してシンポジウムを開催した。社会起業家は、「社会に変革をおこす」人々である。社会起業家の活動をどのように社会全体で支援していくことが望ましいのか、その糸口を探るために、「日米ソーシャル・イノベーション・フォーラム:社会変革投資へ、そのリターンを考える」と題して実施した。本フォーラムは、東京アメリカンセンターとの共催であり、国際交流基金日米センターの助成を得るなど多くの組織及び個人の協力のもとに実現したものであった。企画を含む準備期間に1年以上を費やした。シンポジウムのほか、日本の専門家と米国ゲストによる日米ソーシャル・インパクト専門家会議を開催した。その経緯と成果を振り返りながら、新年に取り組む方向性を整理したい。
続きを読む
posted by CAC at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<Vol.6 新年号>「地味なセレブ女優」の死

大西たまき

「カウンターパート・インターナショナル」(Counterpart International)というアメリカのNGOをご存じだろうか。アナン国連事務総長の長年にわたるタスクフォース事務局長であり、全米NGO連盟機関インターアクションの理事でもあるレラリュー氏のリーダーシップの下、25以上の海外オフィス、300人以上のスタッフを抱え、南太平洋やカリブ諸国、アフリカ、イラク、アジア、旧ソ連等60余カ国にて救援活動を展開している団体である。
続きを読む
posted by CAC at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<Vol.6 新年号>「プライベート・ホールの底力を聞こう!:オーナー連続インタビュー 第二回 京都市ラ・ネージュ」

比留間雅人

今日ご紹介する「ラ・ネージュ」(http://www.yuki-laneige.com/)は、京都は伏見の閑静な住宅街に佇む、白を基調としたホールです。正しくは、「ホール」ではありません。「ゲストに様々な出会いと和みを提供する場」として、亭主の四方有紀さんが94年に開設した「茶室」です。もちろん、スペースは「茶室」よりも大きいです。それでも、通常は30名、50名でキツキツというくらいで、パフォーマーと聴衆との関係は実に親密です。
続きを読む
posted by CAC at 20:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

<Vol.6 新年号> ソーシャル・イノベーション 社会を変える力―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」―

岡市 志奈

私の仕事は、少しでも多くの人がより良い生活、より良い人生を送れるようお手伝いすることだと思っている。その思いは、コンサルタントとして働く時も、NGOとして働く時も同じである。国際協力という分野柄、私の仕事現場はもっぱらアジアの途上国にある。これまでに、ネパール、バングラデシュ、インドネシア、フィリピンなどで、環境保全、保健医療、公衆衛生、教育、災害対策などの分野で、政府レベルからコミュニティーレベルまでの様々なプロジェクトに携わってきた。このコラムでは、これまでの見聞を元に、途上国で起こっているソーシャル・イノベーション(または、その卵たち)を紹介しながら、ソーシャル・イノベーションが引き起される背景的要素、発展段階、要件などを考察する。今回は、このコラムを始めるにあたり、そもそも「ソーシャル・イノベーション」という言葉がどのような事を意味するのかを考えてみたい。
続きを読む
posted by CAC at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市井のソーシャル・イノベーター E

2007年問題とコミュニティ・ビジネス

吉田信雄

本稿は、最近、取りあげられることが多い「2007年問題」への対応として、自治体が退職後の団塊世代がコミュニティ・ビジネスを起業することを支援するというアイデアについて検証することとする。



続きを読む
posted by CAC at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<Vol.6 新年号> アメリカ高齢社会改革(2)―ニューヨークの日本人コミュニティ

溝田弘美

ニューヨークという大都会には、いくつもの人種マイノリティが個々のコミュニティを形成している。ニューヨーク市の保健福祉局によれば、伝染病予防の普及活動のために、90カ国以上の言語で対応できるスタッフがいるとか。ニューヨーク地域(ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの各州)に日本人は9万人(ニューヨーク総領事館調べ)もいるそうだが、日本人コミュニティの存在の影は薄い。しかし、最近になって日本人の高齢化が進み、介護などの問題が浮上したことで、ばらばらだったコミュニティの再構築が進もうとしている。
続きを読む
posted by CAC at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<Vol.6 新年号> 社会起業家のための政策分析入門D アドボカシー

服部崇

アドボカシー(advocacy)とは何か。文脈に応じて様々な用いられ方をするが、公的機関が行う政策形成や意思決定に影響を与えようとする各種主体の活動を指すと言ってよいであろう。社会起業家は、社会に根ざす特定の問題について解決を図ろうとするとき、アドボカシーが必要となることがある。むしろ、政府の政策形成に自らの意見を反映させることを試みたり、立法や司法の領域において問題への適切な取り扱いを求めたりすることが、問題解決にとっての重要なアプローチとなることが多い。

続きを読む
posted by CAC at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

オンライン・ジャーナル【ソーシャル・イノベーション】のご案内

“ソーシャル・イノベーション”とは、身近な社会問題を様々な視点で分析し、提言、エッセーなどで、その解決を目指してソーシャル・イノベーションを起こす社会起業家らを応援するEジャーナルです。国内外のNPO、行政、財団、大学などの若手研究者と実務家による、市民に向けたメッセージです。以下のサイトから、無料で配信しています。

__________________________

ソーシャル・イノベーション
 
Social Innovation


編集人 待場智雄
発行CAC-社会起業家研究ネットワーク
       サイト制作 NPO法人フローレンス 駒崎弘樹


__________________________

<Vol.5 夏号>
posted by CAC at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。