2006年11月15日

<No.8> ビジネスと社会価値のバランス

服部篤子

 ジョージ・ソロスは、著書『ソロスの資本主義改革論』で、「市場価値と社会価値の関係は、容易に解明されるものではない。問題は、両者の間に違いがあることを立証することではない。いかなるときに一方を指針とすべきか、またいかなる時に別の一方を指針とすべきかを判断することである。」と言っている。
 近年、企業、特にグローバル企業は、ステークホルダーを地域やNGOを含めた多様な層でとらえる傾向にあり、環境問題をはじめとする、社会の問題の解決に取り組むなど、「社会との関係」を強化するようになってきた。この情景には、企業の不祥事が相次ぐ中、世界のNGOが企業の動向に目を光らせ、問題があると世界に発信し、その影響力が無視できない状況がある。企業にとっては守りの姿勢という消極的な要因とはいえ、企業は、「社会的な価値」を高める姿勢が一層顕著になってきた。
続きを読む
posted by CAC at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> 地方都市におけるアートビジネスの可能性:前編 - 福岡・「アートをたずねる月」を例として -

高木崇雄
Gallery "Foucault++" 代表
アートをたずねる月事務局員


はじめに
 今、地方はアーティストを生み出しうる土壌となっているであろうか。そして地方が継続的にアーティストを育てていくためにはどのような要素が必要なのだろうか。また、地域活性化を目的として行われている様々なアート・イベントはどのような課題を抱えているのか。これらの要因を明らかにすることにより、地方都市において、他地域の経済圏に依拠することなく、アートという文化資本が地域に浸透することで産業として成立し、持続的発展を行うことの可能性について検討を行う。
 とくに、本稿では具体的な事例として、上記の課題を解決しつつアーティストを育てていくための地域作りを実現していこうとしている活動の一つとして、筆者が役員として参加し、毎年10月に福岡県全域で行われている「アートをたずねる月」というイベントを取り上げ、その成立経緯と具体的内容、そして現状の課題について明らかにしていく。

続きを読む
posted by CAC at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> 社会起業家のための政策分析入門F 政策の分析技法

服部 崇

分析技法とは、分析のための「技」、技術上の方法のことである。社会起業家にとっては、関心領域に関し、その社会事象の現状を理解し、現存する政策を振り返り、理想とする状態との乖離を埋めるための方策を見出すことが政策分析の目的となる。このための技法は、社会事象の実態把握や政策効果の測定に威力を発揮するものでなければならない。政策分析を進める際には、問題を特定し、仮説を立て、特定の方法論を採用し、仮説を検証する。この仮説・検証に見合った分析ツールを駆使することが必要となる。本稿では、社会起業家が政策分析を進めるに当たり、適切な分析技法を見出すために留意すべき事項について検討しておきたい。

続きを読む
posted by CAC at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

<Vol.7> 2006年 初夏号 目次

2006年初夏号 No.7
■社会起業家と資金
『エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう』 坂本 忠弘(財務省)
『“社会にやさしい人達”はどうやったら生まれるのか?:アメリカのフィランソロピー教育戦略』
 大西 たまき(インディアナ大学)

■社会起業家の実際 
 『市井のソーシャルイノベーター達E あらためてNPOってなんなんだろう』 吉田 信雄(神奈川県)
『スリランカの社会起業家』 溝田 弘美(スリランカ在住)

■文化芸術にみる社会起業家
『プライベート・ホールの底力を聞こう!:オーナー連続インタビュー 第三回 東京 マカギャラリー』比留間 雅人(シンクタンク勤務)

■社会起業家のための政策分析入門E 「学」の総合性と専門性
服部 崇(APEC)

続きを読む
posted by CAC at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<No.7> エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう

坂本忠弘

銀行への預金と銀行による融資を中心にしたこれまでの日本の金融に、みなさんは満足しているだろうか。お金の出し手として一人ひとりが、自分の価値観や感性に基づき投資先を選び、「お金に意志を持たせる」ところを大きくすることが、新しい金融の流れを創ることになる。また、投資先の事業・活動とお金だけではない様々な「関わり」を持つ動きや、お金ではない「配当」を求める考えが出てきている。環境分野の例も交えて、自分のお金の行き先をしっかり見つめて、時にともに行動していく仕組みについて考えてみたい。
(本稿は筆者の個人的な見解をまとめたものである)

第一回
(「お金に意志を持たせよう」)

続きを読む
posted by CAC at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.7> “社会にやさしい人達”はどうやったら生まれるのか?:アメリカのフィランソロピー教育戦略

大西たまき

今年の春は“忙しい”時期だった。「忙しい」というのは何も仕事量が多い、と言った物理的な事のみを指しているのではない。フィランソロピー教育関連のプロジェクトを進めるべく同僚達と日本に帰っていたし、こちらでも様々な出来事があり「考えることに忙しかった」という方が正確だろう。全ては「どうしたら“社会にやさしい人達”のマーケットを生み出せるか」に集約する。
続きを読む
posted by CAC at 12:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<No.7> 市井のソーシャルイノベーターたち F

あらためてNPOってなんなんだろう

吉田信雄

「NPOとは何か」。学問的、哲学的な答えを書くつもりは全くないのですが、これまでも、いろいろな場面で訊ねられてきたフレーズ。しかし、未だに、「生活者」として納得いく答えが見つからないまま。本稿を執筆する過程を通じて、今の時点で、少しでも納得のいく答えを導きたいと思う。同じ悩みをお抱えの方は、お付き合いいただき、コメントをいただけるとありがたいです。


続きを読む
posted by CAC at 12:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<No.7> スリランカの社会起業家:児童虐待に取り組む

溝田 弘美(スリランカ在住)

 今年2月、ニューヨークからスリランカのコロンボに引越した。旅行では何度も訪れている国であるが、住むとなると、今まで見えなかった途上国の風景が目に入る。最近のアメリカでは見られないような掘っ立て小屋の立ち並ぶスラム街は、コロンボの各地にある。皮肉なことに、スマトラ地震による津波は、コロンボ南の海外沿いにあったスラム街を流し、いまや、景観の向上に貢献しているが。コロンボは不動産バブルで、豪華なマンション建設ラッシュのため、スラム街が余計に目につくのかもしれない。スリランカの社会問題やソーシャル・イノベーションなど深く知るために、まずは、社会起業家支援で著名なアメリカのNGO「アショカ」のアジア地区での活動をみながらスリランカの今後を考えてみたい。http://www.ashoka.org/global/aw_asia.cfm

 続きを読む
posted by CAC at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<No.7>「プライベート・ホールの底力を聞こう!:オーナー連続インタビュー第三回 東京 マカギャラリー」

比留間雅人

第一回が北九州、第二回が京都で、今回はいよいよ東京のスペースを紹介します。世田谷は下北沢の、閑静な住宅街にひっそりとある「マカギャラリー」(サイトはなし。オーナー・増井常吉さんのエッセイがhttp://hearth-net.org.hosting.domaindirect.com/hearth-net/maca_main.htmlで見られます)です。

開設は平成元年、今年で18年目。今ではオルタナティブスペースとして定評を確立しているので、アートや音楽、パフォーマンスなどの文化イベントに顔を出す趣味のある人なら、必ず一度は名前を見たことがあるはず、といっても過言ではないでしょう。

続きを読む
posted by CAC at 12:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.7> 社会起業家のための政策分析入門E 「学」の総合性と専門性

服部 崇

「学」の総合性と専門性について考える。新たな「学」が構築されるとき、従来の「学」との関係が整理され、その「学」のための新たな領域が特定される。しかしながら、その試みは多くの場合、理論と実践の両面において困難に直面する。社会起業家のための政策分析を進めるに際して、基盤となる「学」とは何かについて検討したい。

続きを読む
posted by CAC at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。