2007年10月03日

ソーシャルイノベーション≪10号≫

文化芸術にみる社会起業家
■『 地方都市と映画 第2回:映画祭編』       
「湯布院映画祭 −その自律的な文化情報発信装置としての機能について」
児玉 徹(九州大学)

社会起業家と支援・金融

■『社会変革をもたらす米国財団』
小林 香織(SPF)

■『社会起業家は地方自治体との協働をいかに評価すべきか』
吉田 信雄(神奈川県)

■『米国非営利融資のパイオニア、ミラー女史をお迎えして〜Nonprofit Finance Fund:NFFとは』
大川新人(多摩大学)


社会起業家のための政策分析入門H

■『実施過程の監査』 

服部 崇(APEC)

社会起業家の実際

■社会を変える力―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」―C『イノベーションにリーダーシップは必要か?』
岡市 志奈(独在住)

■『社会起業家の理論構築にむけて』

服部 篤子(CAC)
posted by CAC at 00:53| Comment(22) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市と映画 第2回:映画祭編 「湯布院映画祭 −その自律的な文化情報発信装置としての機能について」 著者: 児玉 徹

(1)はじめに

今年の8月22日から26日の5日間にかけて、大分県の由布院において、第32回の「湯布院映画祭」が開催された。筆者は、幸運にも同映画祭に実行委員のひとりとして参加する貴重な機会に恵まれた(といっても末席を汚しただけのことであるが)。と同時に、ひとりの「観照者」として、同イベントが提示する「地域社会における自律的な文化情報発信装置」としての高い機能について、極めて客観的に観照することができた。

本稿では、本ジャーナル第2007年春号に掲載された「地方都市と映画」シリーズの第2弾として、現在地方都市において開催されている数多くの文化イベントとは一線を画する特徴を備えた「湯布院映画祭」の魅力と、それが含有する「地域活性化に向けた『文化装置』のモデルケース」としての普遍的要素について、筆者の実体験をもとに語ってみたいと思う。

なお、以下記すことは、湯布院映画祭の実行委員であった立場からではなく、あくまでもひとりの独立した「観照者」としての立場から述べるものであることを、ご了承願いたい。

先ずは湯布院映画祭についての簡単な紹介から。続きを読む
posted by CAC at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会変革をもたらす米国財団

米国の財団の歴史を紐解くと、その出現は20世紀初めといえるが、創設者はいわずと知れた大富豪、時には弱者の敵とも目された大資本家たちである。皮肉といえば皮肉、当然といえば当然なのだが、いずれにしても、アンドリュー・カーネギーとジョン・ロックフェラー1世の二大資本家を筆頭に、彼らは蓄積された富を後世まで世のため人のために生かすことを考えた。ビジネス界のリーダーの存在なくして、「フィランソロピー」は成り立たなかったのである。
では「フィランソロピー」とは何か。「チャリティ」とはどう違うのか。続きを読む
posted by CAC at 00:51| Comment(14) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会起業家は地方自治体との協働をいかに評価すべきか  吉田信雄

■はじめに
 社会起業家が成功しているか否かは、「ダブルボトムライン」を達成しているか否かで評価される。ダブルボトムラインとは、「事業の採算ライン」と、「ミッション達成ライン」の二つのラインを指す言葉である。
 しかし、事業の採算ラインの達成とは言うものの、成功していると言われている日本の社会起業家の状況とは、認識にズレがあるかもしれない。
社会的な評価が高まる一方で、採算性どころか、自らの収入を含めた人件費に対して十分なキャッシュフローを獲得出来ないまま、目の前にある仕事に追いまくられているというのが現実の姿であろう。
今後、日本において社会起業家が成功していく上で個々の社会起業家が経営努力して解決すべき課題であると、理想論をも持って指摘したところで、それが答えであるならば、社会起業家の未来を期待することはできない。
理想論を述べるのでなく、彼らを支える社会の側が充分なキャッシュフローを配分していくシステムをいかに構築すべきか、現実の社会の中でどのように実現していくのか、真剣に考える時期に差しかかったと言っていいのではないだろうか。
続きを読む
posted by CAC at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『米国非営利融資のパイオニア、ミラー女史をお迎えして〜Nonprofit Finance Fund:NFFとは』

今秋、10月に米国の非営利金融のパイオニアとして著名なNonprofit Finance Fund: NFFの代表&CEO、クララ・ミラー女史をお迎えしてセミナー及びフォーラムを開催することとなった。クリントン政権時代に創設された制度CDFIファンド(コミュニティ開発金融機関向けファンド)を背景に、大規模にNPO及び社会的事業に融資を行って成功している。財務省の諮問委員会の座長も務めて制度設立に寄与し、貧困層のコミュニティ開発へ資金のアクセスを容易にした。

CDFIファンドのしくみ、さらに、NFFとはどのような組織なのか、その実態をみてみたいと思う。日本にはない制度と組織。日本の今後のコミュニティ投資を模索する上で示唆に富むことであろう。
続きを読む
posted by CAC at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会起業家のための政策分析入門H 政策実施過程の監査 服部 崇

先般、ISO9001:2000に関する内部監査担当者のための研修に参加する機会を得た。企業の生産プロセスに関する品質管理標準を目指して作成されたISO9000シリーズは、政府組織やNPO・NGOにおける政策・措置の実施過程の検証への適用も可能なようだ。本稿では、内部監査研修の際に感じた興味深い諸点を紹介したい。

「プロセスの品質管理の監査のポイントは、@言行一致しているか、A行動は効果的か、の2点だ」と講師は述べた。
初めに言葉ありき。言行一致とは、計画したとおりに行動がなされているという状態のことである。監査担当者は、行動が規則、ガイドラインに沿っているかを確認する。この際前提となっているのは、プロセスに関する計画が事前に作成され、それに沿って行動がなされ、そしてその結果を検証し、改善すべき点は改善する、という一連の流れを重視することである。
続きを読む
posted by CAC at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会を変える力―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」―C『イノベーションにリーダーシップは必要か?』

うれしいニュースが飛び込んできた。このコラムで取り上げているネパールの社会起業家モハビール・プン氏が、「アジアのノーベル賞」とも呼ばれるマグサイサイ賞を受賞した。山村でのワイヤレス通信技術を使ったイノベイティブな活動とそのリーダーシップが評価されたのだ。今回は、コミュニティーでのリーダーシップに焦点を当ててみたい。

山村におけるリーダーシップの特徴
ネパールの山村といっても、一言で言い表すことはできない。地理的条件や社会経済環境、風習の違いにより、各村の様子は千差万別である。リーダーシップの形態も同じである。村の会合に参加すると、その特徴を垣間見ることができる。

たとえば、市場へのアクセスが悪いティコット村(以下、A村)は、通称「キャプテン」と呼ばれる元グルカ兵(イギリス軍傭兵)の長老が長い間村の要職に就いている。彼が「うん」と言わない限り事は何も進まない。
続きを読む
posted by CAC at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会起業家の理論構築にむけて〜研究の一方向性〜 服部篤子

 我々CACが社会起業家をキーワードに、ネットワークの構築を模索し始めた2000年以来、社会起業家に対する関心は、今年のメディアに劇的な変化をみることとなった。しかしながら、社会起業家の概念はまだ定着していない。国際的にみても、現在、社会起業家や社会起業家精神の定義に関わる論文、事例研究成果が数多く発表されている段階にある。

1980年初め、エドワード・スクロットが「非営利ベンチャー」、「非営利アントレプレナーシップ」という用語を用いた頃からこの概念の議論が始まったと言われている。アショカの創設者ビル・ドレイトンは、当初「パブリック・アントレプレナーシップ」という用語を用いていたが、後に、「社会起業家精神」に統一した。

 このほか、定義に言及する論文は、J・エマーソン、G・ディーズ、B・アンダースン、P・ライト、K・アルター、C・レッドベター、R・マーティン、M・クラマーなど多数見受けられる。ソーシャル・エンタープライズ(社会的企業)に関しては、さらに、ヨーロッパを中心に多くの著名な研究者や実務家が世界で発信している。
今回は、「ソーシャル・イノベーション・ジャーナル」10回目であり、先行研究を引用しながら、社会起業家の活躍が一層高まるために研究の一方向を模索したいと思う。
続きを読む
posted by CAC at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

【Social Innovation 9号】<2007年春号> 

巻頭言
 ソーシャル・イノベーションに欠かせない複眼的思考        待場 智雄

社会起業家と政策
 社会起業家のための政策分析入門G
 『“殺されない”ためのリーダーシップ論』
 服部 崇APEC)

文化芸術にみる社会起業家
 『 地方都市と映画 第1回:映画館編』
  児玉 徹(九州大学)

 
社会起業家の実際

 社会を変える力―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベ ーション」
―B『お金になる木の発見』
  岡市 志奈(独在住)

 『日本の伝統的「社会起業家精神」:グンゼ』
  服部 篤子(CAC)

社会起業家と支援、金融

 『エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう」B』
  坂本 忠弘(元財務省)


posted by CAC at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【巻頭言】ソーシャル・イノベーションに欠かせない複眼的思考

 海外に暮らしていると、テレビやラジオから「日本」という言葉が聞こえるごとに耳を“ダンボ”にしてしまう(めったに日本の話が流れることもないのだけど)。日本のニュースや話題の多くは新しいハイテク商品紹介(なぜか必ず女性社員かキャンペーンガールが一緒に映っている)が占めるのだが、社会的な話題となると結構真実を突いているものが往々にしてある。

 今年は英国で奴隷制度が廃止されて200周年を迎えたが、先日ある英紙で「現代の奴隷制」という特集が組まれ、世界各地の問題が地図でビジュアルに紹介されていた。その中で鉱山における児童労働などとともに、「先進国で最大数の“奴隷労働者”を抱える国」として名前が挙げられたのが日本であった。いわゆる売春に駆り出されるじゃぱゆきさんや研修制度悪用による外国人の低賃金労働者を指している。類似の問題は各国あるとはいえ、まさか日本が欧米各国をしのぐほど深刻であるとは、政府や専門家でさえも認識していないのではないだろうか。
続きを読む
posted by CAC at 13:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会起業家のための政策分析入門G  『“殺されない”ためのリーダーシップ論』 服部 崇(APEC)

社会起業家は、目的達成のために組織や社会の中でリーダーシップを発揮しようとする。しかし、現実には様々な段階で各方面からの反対に出会うことが多い。社会起業家は、現状を打破し理想を実現するために行動することには危険が伴うことを知るべきである。社会起業家は(文字通りあるいは抽象的な意味で)“暗殺”される、“抹殺”される危険に晒される。いかにしてこの危険を回避し、リーダーシップを発揮するか。今回は、“殺されない”ためのリーダーシップとは何か、について考察する。続きを読む
posted by CAC at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 『 地方都市と映画 第1回:映画館編』   児玉 徹(九州大学)

【1】はじめに
 本稿が目指すところは、現代社会における地方都市が抱える課題の 諸相を概観し、その解決策を探ることにある。とはいえ、その抱える課題は多種多様であり、本稿にて全てを網羅的に語りつくすことは、筆者の力量に余るものである。よって本稿では、それら多種多様な課題の中でも、「文化」に関連することに焦点を絞ってみたい。といいながら、さらに、この「文化」自体、(英国の人類学者エドワード・タイラーの有名な定義を持ち出すまでもなく)、ともすれば人間社会におけるあらゆる事象を包含しかねない「ブラックホール」のような代物であり、「地方都市における『文化』に関連した課題」というテーマ設定自体が、取り扱う問題を際限なく広げてしまう危険性を秘めている。
 そこで本稿では、この「文化」の範疇に含まれるものとして一般的に位置付けられている「映画」という創作物に焦点を絞って、「地方都市」と「映画」という2つのキーワードを結び付けることによって見えてくる地域社会の現状と課題、その解決に向けた取組みを、4回シリーズで概観してみたい。続きを読む
posted by CAC at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会を変える力 ―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」 ― B  『お金になる木の発見』  岡市 志奈

 ネパールの山村では、良いことも悪いことも一瞬のうちに広がる。新聞やテレビの代わりに、口コミネットワークが非常に発達しているからである。2000年、私たちが訪問した村々では、「アルゲリ」ブームが起こっていた。アルゲリとは、ネパールに自生するジンチョウゲ科の低木で、茎の繊維は紙の原料として利用できる。日本では、枝が三つに分かれていることからミツマタ(三叉)の名で知られ、和紙や紙幣の原料として使われている。今回は、ネパールの山村で吹き荒れたアルゲリ旋風を紹介したい。続きを読む
posted by CAC at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 日本の伝統的「社会起業家精神」:『グンゼ』   服部 篤子『(CAC・立教大学大学院

 グンゼ株式会社の創業地である、京都府綾部市を訪れた。今は山間の地方都市だが、昭和初期に建てられた趣のある社屋、大正時代の建物は記念館に、100周年記念にかつての倉庫を改造した立派な博物苑、そして工場がある。株主総会を開催する講堂には、歴代の社長の肖像画があった。創業者波多野鶴吉は、この地域の蚕糸業振興のために「郡是製糸株式会社」を設立した。当時の何鹿「郡」の「是」−(方針、進むべき道)を見据えた起業の精神が社名にこめられている。110年前、明治29年、どのような想いで創業したのかを知り、そして、その精神がグローバル企業となった今もグンゼに受け継がれていることを認識する機会を得た。社会起業家精神は、日本企業の歴史に学ぶことができるのではないか。続きを読む
posted by CAC at 13:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう」B』   坂本 忠弘(元財務省)

第三回
(直接投資を広げていくために)

 意志を込めた投資をしたいと考える個人投資家にも、様々幅があるところと思う。一定の利回りはやはり期待したいという人。よい事業であれば金銭的な利回りはあまり期待しないという人。場合によっては元本が下回るリスクも覚悟するという人。寄付の感覚で社会への投資をしたつもりで元本の償還もあまり期待しないという人。
もちろん、同じ人でも、時々の状況や投資の対象により、ポジションは異なるものと思う。
間接金融は、極端な言い方をすれば、「おまかせ」「まるなげ」のお金の託し方である。しかし、さりとて、全ての人が全てのお金について、直接金融で個々に判断してお金を投じていくことも、現実的にはとても大変であり難しい。
直接金融を広げていくためにポイントとなると考えられる要素を三つ挙げてみたい。
続きを読む
posted by CAC at 13:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

<NO.8> 2006年 秋号 目次

社会起業家の実際

社会を変える力
―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」―
Aネパールの山奥で起こる波』
岡市 志奈(独在住)

市井のソーシャルイノベーター達F
「社会起業家を輩出する社会のしくみ」』
吉田 信雄(神奈川県) 

  
社会起業家と支援、資金

社会起業家の現代的役割〜社会起業家世界フォーラムに出席して〜
金田 晃一(CSOネットワーク)

地域でつながるコミュニティ・ファンド        
(「エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう」A)
坂本 忠弘(元財務省)

社会起業支援を考えるD−ビジネスと社会価値のバランス
服部 篤子(CAC)

文化芸術にみる社会起業家

ノーマライゼーションへの二つの戦略
比留間雅人(シンクタンク)

福岡「アートをたずねる月」
〜地方都市におけるアートビジネスの可能性(前編)
高木 崇雄(Gallery Foucault++代表)

社会起業家のための政策分析入門F
政策の分析技法
服部 崇(APEC)
posted by CAC at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> 社会を変える力 ―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」― Aネパールの山奥で起こる波

岡市 志奈

ノーベル平和賞が、バングラデシュのグラミン銀行とムハマド・ユヌス氏に贈られることが決まった!同氏は、小さなチャンスさえあれば農村女性も貧しい生活から脱却できると確信し、民間銀行の「常識」を覆す無担保小規模融資の仕組みを生み出した。今では、世界各地でこの仕組みが活用されており、国際協力の分野では最大のソーシャル・イノベーションといえる。貧困の悪循環から脱出するのが難しい途上国だからこそ、より大胆なソーシャル・イノベーションが必要とされているのかもしれない。今回は、ネパールの山村で起こっている変化を紹介したい。

続きを読む
posted by CAC at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> ノーマライゼーションへの二つの戦略

比留間雅人

ぼくのこの担当連載の主旨は、日本各地にある個人ホールオーナーを見つけてきて話を聞き、その取組みの中から、「文化」をめぐる社会的課題や、芸術というトコトン私的な趣味が社会と切り結ぶ局面、あるいは「事業」一般のそもそものありよう・・・等々をゆるく愚直に見ていきたい、というものであります。


続きを読む
posted by CAC at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> 社会起業家の現代的役割

金田晃一

世界各国から約600名の参加者を集め、2006年3月29-31日、英国オックスフォード大学サイード・ビジネススクールにて、第3回“Skoll World Forum on Social Entrepreneurship”(スコール財団主催・社会起業家世界フォーラム、以降、「フォーラム」)が開催された。一般的に、社会起業家とは「社会システムへの変革を通じて、社会的課題を解決するために事業を行う人々」と定義されるが、本稿では、参加者の発言を軸に、社会起業家像、また、その現代的役割について考えてみたい。


続きを読む
posted by CAC at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<NO.8> エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう 第二回

坂本 忠弘(元財務省)

○ 地域でつながるコミュニティ・ファンド

 自分ひとりで具体的な投資先の選定やリスクの負担を負うことなく、自らのお金の行き先について何らか意志の込めた選択を行いたいというものの受け皿として、コミュニティ・ファンドが各地で広がりつつある。
 地域やテーマを定めて趣旨に賛同する者が資金を拠出し、資金の提供の対象は必ずしもメンバーであることに限定せず、よいと考える事業を選んで出資または融資をするものである。寄付を原資として、収益性のない活動を行う団体などに助成するものもある。

 続きを読む
posted by CAC at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。