2007年05月07日

【Social Innovation 9号】<2007年春号> 

巻頭言
 ソーシャル・イノベーションに欠かせない複眼的思考        待場 智雄

社会起業家と政策
 社会起業家のための政策分析入門G
 『“殺されない”ためのリーダーシップ論』
 服部 崇APEC)

文化芸術にみる社会起業家
 『 地方都市と映画 第1回:映画館編』
  児玉 徹(九州大学)

 
社会起業家の実際

 社会を変える力―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベ ーション」
―B『お金になる木の発見』
  岡市 志奈(独在住)

 『日本の伝統的「社会起業家精神」:グンゼ』
  服部 篤子(CAC)

社会起業家と支援、金融

 『エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう」B』
  坂本 忠弘(元財務省)


posted by CAC at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40579433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。