2006年11月15日

<NO.8> 2006年 秋号 目次

社会起業家の実際

社会を変える力
―国際協力の現場から見る「ソーシャル・イノベーション」―
Aネパールの山奥で起こる波』
岡市 志奈(独在住)

市井のソーシャルイノベーター達F
「社会起業家を輩出する社会のしくみ」』
吉田 信雄(神奈川県) 

  
社会起業家と支援、資金

社会起業家の現代的役割〜社会起業家世界フォーラムに出席して〜
金田 晃一(CSOネットワーク)

地域でつながるコミュニティ・ファンド        
(「エコ・レゾナンスでグリーン直接金融に乗り出そう」A)
坂本 忠弘(元財務省)

社会起業支援を考えるD−ビジネスと社会価値のバランス
服部 篤子(CAC)

文化芸術にみる社会起業家

ノーマライゼーションへの二つの戦略
比留間雅人(シンクタンク)

福岡「アートをたずねる月」
〜地方都市におけるアートビジネスの可能性(前編)
高木 崇雄(Gallery Foucault++代表)

社会起業家のための政策分析入門F
政策の分析技法
服部 崇(APEC)
posted by CAC at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルイノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。